水のトラブルは水道屋水猿へ 東京大阪他対応 電話番号

浴室の水栓の調子が悪いとの事で蛇口交換に出張

「現在使用している浴室の水栓が一月程前から調子が悪く、お湯の温度が設定通りに出なくなった。徐々に寒くなってきたので、お風呂に入ることが出来ない。温かいお風呂に入られるようにして欲しい。」ということでご依頼を頂きました。

お客様の声

お湯の温度が低いということでお伺いさせて頂いたのですが、浴室の水栓以外の場所からはちゃんとした温度のお湯が出てきていたので、原因は浴室水栓のみの可能性が高いと判断しました。
水栓のサーモスタットという部品の劣化であると考えられますが、本体の使用年数が15年程だったので、本体ごと交換をさせていただきました。
最初に浴槽についてある点検口を開け、給水・給湯の配管をそれぞれ取り外し、水栓の固定金具を外して本体を浴槽から撤去します。
次に新しい水栓を取り付けて固定金具で浴槽に固定し、配管をそれぞれ交換して取り付けます。
最後にシャワーホースを接続し、水漏れが無いかを確認して作業終了です。
お客様からは「温かいお風呂に入られるようになったので、家族も喜びます。築15年程で、色々とガタがきているので他にも悪くなっている所を見てもらい、アドバイスをもらえたのでよかったです。」とのご感想を頂いております。

担当スタッフのコメント

蛇口のメーカーの推奨使用年数は大体8年前後です。長年使用している蛇口は、思いきって本体ごと交換する事をお考えになられるのもよいかもしれません。