大阪市東淀川区のつまりや水漏れは水猿へ

大阪市東淀川区 トイレの止水栓からの水漏れを修理

トイレの壁と止水栓の間から水漏れ

確認させて頂きましたところトイレの壁と止水栓の間から水漏れして、壁の裏側がかなり濡れていました。
特に外から見ると壁が濡れているのが良くわかりました。
お客様がおっしゃるには今まで30年位何も無かったので、水漏れでは無く雨で壁が濡れていたと思って居たそうです。
止水栓がかなり錆び付いていましたので、給水管に不具合が有れば最悪壁をハツルかもしれませんとお伝えさせて頂きましたが、お客様は「古くなってるのは良くわかってるのでお任せします」と作業の御依頼を頂きました。
作業内容としましては、トイレの止水栓及び給水管フレキ管の交換をさせて頂きました。
止水栓の取り外しですがかなり錆びていて、あまり余計な力をいれてしまうと止水栓のニップルが折れそうになっていました。
事前にお客様へ状況説明をさせて頂いておりましたので、パイプレンチを使い慎重に止水栓のニップルを緩めていきました。
上手く外れて後は取り付け作業です。止水栓の締めつけにだけ注意をして作業完了となりました。

お客様の声

「大事にならなくて助かりました。また何か水道で不具合が有ればお願いしたいと思っております。
宜しくお願いします。」との御言葉を頂きました。

担当スタッフのコメント

壁の根本で給水管が折れた場合、ニップルを外す専用工具が有れば壁を壊さなくても作業可能な場合が有ります。

大阪市東淀川区 お風呂のつまり除去

大阪市東淀川区 お風呂のつまり除去

2-1

今回は浴室の詰まり除去作業をさせていただきました。 ご依頼内容は「浴室の水が流れない。戸建てで外の外壁まで水が溢れている。そう簡単には直らないのではないか。」というものでした。

排水口から水が溢れてくる

さっそくお伺いしてみると、戸建ての在来風呂でした。
洗い場でシャワーを浴びていると、浴槽の排水口のゴム栓がポーンっと抜けて水が噴出してくるとのことでした。
実際シャワーで水を流したところ、そのような現象は起きませんでした。 詰まりの原因が、配管の下流のほうにある場合は現象が出るのに時間がかかります。
恐らく私が拝見したときにはある程度配管の内部に詰まった水が抜けているのだと判断しました。外の排管を枡から確認しましたが、詰まりは見受けられませんでした。
外壁にまで水が染み出してくるということでしたので、床下に潜って原因を探ろうとしたのですが、台所床下収納から入っても浴室の下までは繋がっていませんでした。
もし、床下を確認するなら洗面所の床に穴を開けてそこから潜る意外有りません。それは最終手段ということで取っておき、外回りの排水管を再度確認しました。 2-2 すると、先程見落としていた枡が土の中から出てきました。 その蓋を開けてみると、見事に詰まっていました。 髪の毛がどっさりと詰まっていたのです。 2-3 原因が分かれば簡単です、髪の毛を除去して作業は完了しました。

お客様の声

別の業者に見てもらっても原因が分からなかったので、お風呂の解体工事 が必要になるのかとビクビクしてました。 本当にありがとうございました。

担当スタッフのコメント

この度は当社にご依頼いただきまして誠にありがとうございました。